お腹が空いている時間にスーパーへ行くと、ついついたくさん買い物をしてしまう……こんな経験をしたことはありませんか?「ダイエットしたいのにまったくうまくいかない!」と悩む方は、買い物の方法から見直した方がいいかもしれません。

ここでは、太りたくない人が知っておきたい、スーパーでやりがちな5つのNG行動を紹介します。

スーパーでしてはいけないこと5選

それでは早速、スーパーでしてはいけない5つの行動を紹介します。

1.何も考えずにとりあえずスーパーに行く

「冷蔵庫に何もないから、とりあえずスーパーに行く」のはNGです。スーパーに行く前からダイエットは始まっています。買い物の前には買い物リストを作成して、「無駄なものは買わない」ようにしましょう。

間食用の食品も、数量を決めて計画的に購入すれば食べ過ぎを防止できます。

2.お惣菜コーナーから回る

特にお腹が空いている時のスーパーは誘惑だらけです。お惣菜コーナーは最たるもので、普段は買わない揚げ物についつい手が伸びてしまうこともあるでしょう。一般的なスーパーの食品売り場内は、はじめは野菜やフルーツから、次に魚、肉、お惣菜と陳列の順番が決まっています。

この順番通りに進めば、お惣菜コーナーにさしかかる頃にはカゴがいっぱいでお惣菜を入れる余裕も少なくなっているでしょう。順路通りに買い物を進めていけば、「予算もカロリーもオーバーしていないか」、じっくり考えられます。

3.「一見ヘルシー」な食材をつい購入してしまう

「低カロリー」「ゼロキロカロリー」の食品やおやつは、ダイエット中でも問題なく食べられる気がします。しかし、これらの食品は「そもそも摂取しなくてよいもの」であり、また満足感を得られないことから他のものをいつもより余計に食べてしまうことがあります。

体にいい間食を考えるのなら、カロリーはありますが全粒粉のクラッカーやフルーツを選ぶ方が良さそうです。

4.「安いから」を理由に普段は食べないものを買う

夕方のスーパーは「値下げシール」の宝庫です。多くの食材・食品に値下げシールが貼られていて、今ほしいわけでもないのについ手を伸ばしてしまったことはありませんか?

見切り品は家計にとっては大きなプラスになることもありますが、買いすぎによる食べ過ぎや、食べきれないことによる廃棄などの問題が起こることもあるでしょう。「食べたいもの、使うものを食べられるだけ」が原則です。

5.レジ前のお菓子をたくさんカゴに入れる

無事に買い物を終えられると安堵してレジに並ぶと、そこにも誘惑が潜んでいます。レジ前には思わず手を伸ばしたくなるお菓子や清涼飲料水が並んでおり、ついカゴに入れてしまった経験がある人は少なくないでしょう。

気になるお菓子を1つだけ、買い忘れていた飲み物を1本だけなら問題ありませんが、たくさんカゴに入れてしまうのはNGです。

ダイエット中に選びたい食材は?

スーパーでのNG行動とあわせて覚えておきたいのが、ダイエット中にスーパーで選びたい食材です。日本人はカルシウムや鉄分が不足しがちなので、この2つの栄養素を意識して食材を選びましょう。しらすなどの小魚、牛乳、大豆製品や、レバー、貝類、海藻類をいつもより多めに買ってみましょう。

ダイエットには運動にあわせてバランスのいい食事を摂取することが大切です。「ダイエットにいい」といわれている特定の食品だけを摂取しないよう、スーパー内をくまなく歩いてさまざまな栄養素を摂取できるよう、食材を選び購入しましょう。