開業医にとって不動産投資が強力なリスクヘッジになる3つの理由
(画像=xyz+ / stock.adobe.com)

「開業医=高収入」というのは、世の中にある一般的なイメージです。当の本人である開業医の皆さんがこのイメージについてどうお感じになるかは主観によるところだと思いますが、標準的なサラリーマン収入よりも恵まれた立場にあることは間違いのないところでしょう。

しかし、勝ち組といわれる開業医という職業にもリスクはありますし、100%安泰というわけではありません。開業医には開業医特有のリスクがあるので、それを踏まえたうえで豊かで安定した人生を守るためにもリスクヘッジをしておく必要があります。

当記事では、そのリスクヘッジのための手段として不動産投資を取り上げます。開業医の皆さんがヘッジしておくべき3つのリスクを列挙して、それぞれのリスクヘッジに不動産投資が効く理由について解説します。

理由その1 本人が働けなくなるリスクに備えられるから

主観の問題は抜きにしても、開業医が高収入であることは一般的な事実です。しかしいくら高収入であっても、不慮の事故や病気などの影響で働けなくなるリスクがあり、極端な場合だと無収入になってしまいます。加齢によって引退をするのであれば事前に準備をするだけの十分な時間があると思いますが、ケガや病気など突然の出来事で働けなくなってしまうと、その準備もままならないでしょう。

30代や40代といった現役世代で、人口10万人あたりの死亡者数は40人から150人程度であるのに対し、ケガや病気で働けなくなる人はその数倍以上にあたる400人前後です。突然亡くなってしまうことも重大なリスクですが、働けなくなって高収入の経済環境を維持できなくなるリスクはその数倍もあることがわかります。開業医として活躍している現役世代にこうしたことが起きると、ご本人だけでなく家族も守れなくなる恐れがあります。

こうしたリスクに手当てできる保険商品もありますが、不動産投資だと資産形成効果など別のメリットも付加されます。なぜなら、保険料を払い込むのと同じ感覚でローンの返済をすれば、いずれその物件は自分のものになるからです。収入が高い人は融資を受けやすい有利な立場にあるため、本業以外の収入を生み出してくれる不動産は保険よりも頼もしいリスクヘッジとなるでしょう。

本人のケガや病気以外に、周辺環境の悪化などによって医院、クリニックの経営が不振に陥ってしまうリスクもゼロではありませんが、こうした問題に対しても不動産投資による副収入がリスクヘッジになります。

理由その2 老後のリスクを見据えて準備できるから

勤務医とは違って開業医は「自営業者」なので、定年退職がありません。このことは老後において有利に働きますが、いくら定年がないといっても永久に仕事を続けられるわけではありません。いつかリタイアするときがやってきますし、リタイア後の収入は年金を中心としたものになるため、他の職業を勤め上げてきた人たちとそれほど大きな差はないでしょう。

現役世代の収入を生かして多額の貯蓄がある可能性はありますが、それは有限の資産です。しかも現役世代に高所得者なりの生活をしてきた人は、いくら多額の貯蓄があってもそれが尽きるまでの年数を考えると結局は特別な立場にあるとはいえないかもしれません。

不動産投資から得られる収入は有限ではなく、物件に入居者がいる限り入り続けるものです。老後の収入源というリスクに備えるために不動産投資を始め、尽きることのない収入源を持っておくことは強力なリスクヘッジになります。

理由その3 税金が高くなるリスク

開業医に限らず、収入の高い人に共通する悩みが税金です。累進課税となっている所得税の仕組みがある限り、収入が高いと半分近くを納税することになります。このことにさまざまな思いを持っている人は多いのではないでしょうか。

同じ医師であっても勤務医は給与所得者ですが、開業医は自営業者でもあるため節税の余地が大きく、そのメリットを大いに生かすべきです。そこで節税メリットも備えた不動産投資が「税金が高くなるリスク」へのヘッジになります。

開業医の皆さんが活用できる節税スキームは、いくつかあります。代表的なものは減価償却費でしょう。不動産は所有しているだけで毎年会計上の価値が減っていくため、その分を経費として計上することができます。投資用マンションのほとんどは鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造なので、法定耐用年数は47年です。仮に新築で物件を購入したとすると、以後47年間にわたって毎年減価償却費を経費計上できるので、本業による収入を圧縮し、税額を減らす効果があります。

その他にも、不動産投資の収支が赤字になれば損益通算によって本業の収入を圧縮できます。ここでいう赤字は実際の赤字だけでなく、減価償却費によって収支が赤字になった場合も含むため、本業収入の節税にいかしながら将来に向けた資産形成が可能になるのです。

開業医は不動産投資を始めやすい有利な立場にある

先ほどから述べているように、高収入である開業医の皆さんは不動産投資を始めるのにあたってとても有利な立場にあります。融資を利用することで投資効率を高め、「他人資本」を活用しながら賃料収入を得て資産形成ができる不動産投資では、融資をうまく利用できるかで結果に大きな影響を及ぼします。

開業医の皆さんは高収入であり、高属性でもあるため、銀行など金融機関の融資に通りやすいのは言うまでもありません。この優位性は誰にでもあるものではなく、「見えない財産」です。この見えない財産を見える財産に変換する仕組みが不動産投資というわけです。

融資を利用すると、金利の負担が発生します。これも不動産投資において計上が可能な経費なので、減価償却費など他の経費と合わせて節税に役立つでしょう。高所得者層の方々は税額が大きくなるだけに節税に大きな関心を払う必要があるわけですが、その意味でも計上できる経費の余地が大きく、しかもキャッシュの流出を伴わない会計上の経費である減価償却費を活用できるのは大きなポイントです。

コロナショックもその傾向を拡大させていますが、すでに日本社会は二極化の時代を迎えています。不動産のオーナーになって賃貸経営をすることで安定的な収入や安心の老後を手に入れることができることはわかっていても、それを実践できる人は少なくなっています。

不動産投資は事業なので、競合を意識する必要があります。融資の審査に通りやすく、不動産投資に参入できる人が少なくなっている中、開業医の皆さんはとても恵まれた立場にあります。競合が少なくマーケットが魅力的な状態にあることを「ブルーオーシャン」といいますが、開業医の皆さんにとってこれからの不動産投資はブルーオーシャンになっていく可能性が高く、それに向けて今から参入しておくことは大いに意義があるといえるでしょう。

しかし、不動産であれば何でもいいわけではありません。立地条件や周辺環境など不動産ならではの視点で集客力、競争力の高い投資物件であることはとても重要です。しかも不動産投資は今だけでなく少なくとも5年、10年、さらにはもっと長いスパンで取り組むものだけに、未来の需要予測や資産価値への影響をシミュレーションしたうえで物件選びをする必要があります。開業医の皆さんは医療のプロですが、不動産のプロではありません。

信頼できる不動産のプロを味方につけて長期的な戦略を立てることができるかどうか、これが不動産投資の成功と人生におけるリスクヘッジにつながります。

>>【無料小冊子】高所得者のための不動産投資バイブル

>>【年収700万円以上の方限定】東京都心の不動産運用オンライン個別セミナー≪人気の都心5区≫

【あなたにオススメ】
【物件オーナー向け】マンション投資でできる3つの花粉症対策を解説
マンション投資でノーローンが実は不利って本当?
賃貸マンションの建設に医師が取り組める優良企業
短期解約違約金とは?マンション経営で設定するのはあり?
これからの不動産投資に必須? ホームインスペクター