不動産投資の黄金エリア・港区 名門小学校から分かる投資の勝ちパターン
(画像=7maru/stock.adobe.com)
田中タスク
田中タスク
エンジニアやWeb制作などIT系の職種を経験した後にFXと出会う。初心者として少額取引を実践しながらファンダメンタルやテクニカル分析を学び、自らの投資スタイルを確立。FXだけでなく日米のETFや現物株、商品などの投資に進出し、長期的な視野に立った資産運用のノウハウを伝える記事制作に取り組む。初心者向けの資産運用アドバイスにも注力、安心の老後を迎えるために必要なマネーリテラシー向上の必要性を発信中。

不動産投資の有力な候補地として知られる、東京都港区。区内には主要なターミナルや有名スポットがいくつもある一方で閑静な住宅街も併せ持つ、魅力的なエリアです。千代田区、中央区、新宿区、渋谷区と合わせて港区は「都心5区」の一角としても知られ、人気、知名度ともに東京を代表する区の1つといってもよいでしょう。

そんな港区には名門とされる公立小学校が点在し、それらの小学校の校区は特に人気が高く不動産投資の観点からも注目のエリアとなっています。今回はそんな港区内の名門小学校にスポットを当てて、それぞれの特色や、不動産投資の観点から「名門小学校」とはどんな存在なのかについて解説します。